たばこマナーガイド TOP → 通常時のマナー 歩きタバコ

歩きタバコ

喫煙するには当然マナーが必要です。最近はポイ捨て禁止条例や歩きたばこ禁止令などを行っている地域も増えてきています。しかし、それでもポイ捨てや歩きたばこをする人は後を絶ちません。それどころか喫煙する場所がなくなってしまったことから歩きたばこをする人が余計に増えたという地域もあるようです。

禁止令などがありますが、実際は、手続きが煩雑なために徴収されることはほとんどないようです。歩きたばこをすると周りの人にとても迷惑がかかります。たばこは吸う人だけでなく、周りの人の健康にも害を与えるのです。中でも人混みの中での歩き煙草は危険です。大人ではなかなか想像しづらいですが、大人のたばこを持つ手の位置と子供の目線は同じ高さぐらいになります。たばこの高熱が子供の目に触れてしまえば、目に大火傷を負わせてしまい、失明の可能性すらあります。

子供だけではありません。人混みで歩きたばこをしていると気づかないうちに横にいる人の手にたばこの火が当たってしまうこともあります。たばこはかなり高温度なので、少し当たっただけでやけどを負わせてしまうことになります。また、誰かのカバンなどに火がついてしまうことも考えられるのです。

マナーがなっていない人がいるせいで、マナーを守ってたばこを吸っている人たちにも被害が及ぶのです。禁煙地域が増えている現状では、喫煙出来る場所が減っています。喫煙する方にとって辛い気持ちは分かりますが、必ず喫煙区域で立ち止まって吸うようにしましょう。

通常時のマナー


特許の翻訳について
http://transprime.co.jp/

シェードカーテン
モンルーベジャパン

http://www.parallelhouse.co.jp
リサイクルショップ