たばこマナーガイド TOP → 関東の主な禁煙条例地域 埼玉県朝霞市

埼玉県朝霞市

朝霞市では2006年10月1日施行。条例名は『朝霞市路上喫煙の防止に関する条例』となります。駅周辺などの人混みの中での路上喫煙は煙の害はもちろんのこと、他人に火傷を負わせる可能性があり、非常に危険な行為になります。朝霞市では、たばこのポイ捨てなどがなかなかなくならないことからこの条例が施行されることになりました。

志木市、和光市、新座市と基本的には同一の条例となり、駅周辺での路上禁煙をしております。路上喫煙禁止地区は、今のところ朝霞駅周辺地区(東武東上線) 北朝霞・朝霞台駅周辺地区(JR・東武東上線) の2ヶ所となります。これらの場所では、終日喫煙が禁止になります。「座って」「自転車に乗りながら」の喫煙も禁止となります。また、携帯灰皿を持っている場合でも喫煙することは出来ません。

朝霞市ではこの条例を施行するに当たって、職員の方が禁止地区付近の歩行喫煙者数を調査したとされています。その結果、条例を施行してからは歩行喫煙者数は減少傾向にあるようです。禁止地区内には禁止地区であることを示す表示物が設置されているので、注意して見るようにしましょう。

禁止地区内では巡視員が常時配置されています。違反者に対しては指導、勧告および命令が行われ禁煙が呼びかけられることになりますが、それでも従わない場合は、違反者に2000円の過料が科せられることになります。こちらも条例では1万円以下の過料とされていますが、当面は2000円のようです。

関東の主な禁煙条例地域


アプルウェイ
アプルウェイなら医療関係者向けの製品情報サイトで!