たばこマナーガイド TOP → 女性・子供への影響 美容に影響

美容に影響

女性にとって特に美容は気になると思います。たばこは美容にはあまり良くありません。1番の理由は、煙草の主成分の一つであるニコチンです。このニコチンは血管を収縮させ血行を悪くしてしまいます。血行が悪くなると皮膚の温度が低下し、新陳代謝が悪くなり、しわ、たるみの原因の元となります。他にも様々な理由があります。以下に紹介します。

■たばこ1本でビタミンCが25ミリグラム消費され、肌がカサカサになります
■歯にヤニが付くため歯が黄色くなります
■女性ホルモンの分泌が低下し、肌に潤いがなくなります

たばこにはこれらのような害があり、美容に大きな影響を与えます。また、たばこをよく吸うことで臭いが髪の毛や服に染み付き、非喫煙者の方に不快な思いをさせることも考えられます。たばこに含まれているニコチンはビタミンCを破壊するので、肌の色が悪くなったり、シミやそばかすなども出来やすくなります。毛根にも影響してくるので脱毛の原因にもなります。

喫煙によって体内に生じる大量の活性酸素が、長期間に渡って皮膚の張りを保つコラーゲンの生成が抑えてしまうと、皮膚に張りのない喫煙者独特の風貌になるとも言われています。また、ヘビースモーカーズフェイスと言われる顔もあります。たばこを良く吸っていることで顔全体に細かいしわや深いしわが出来るのです。

美容はとても大事なことです。気を使っている女性は多いと思いますが、喫煙をしている限りは何をしてもたばこによって阻止されてしまいます。まずは禁煙をすることが大事でしょう。

女性・子供への影響


アマリール
アマリールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!