たばこマナーガイド TOP → 女性・子供への影響 誤飲の可能性

誤飲の可能性

赤ちゃんや乳幼児は何でも口に入れてしまう傾向にあります。少し目を離した一瞬の隙に子供は誤飲してしまいます。誤飲は危険なもので、時には生命の危険すら起こることがあります。子供の誤飲事故の1位はなんとたばこなのです。中でも1歳前後が1番多いとされています。自分の吸っているたばこに注意を払う事は出来ても、灰皿にまで注意をするのを怠ってしまう事が誤飲の発生してしまう原因となります。

そのへんに置いてあるたばこを取って食べてしまうこともありますし、空き缶に入っている吸殻のたばこを誤飲してしまうこともあります。十分に注意が必要です。たばこの誤飲により、発生するのが急性ニコチン中毒です。急性ニコチン中毒になってしまった場合は、死ぬ可能性もあります。すぐに病院に連れて行きましょう。

また、ニコチンは水によく溶けます。その水に溶けたニコチンがもっとも有毒となります。誤飲してしまった場合でも水は絶対に飲ませないようにして下さい。空き缶を灰皿代わりにすることが1番危険だと言えます。万が一誤飲してしまった場合は嘔吐させるのが良いですが、病院に連れて行くのが最良の選択だと思います。

大事な子供が危険に晒されない様に自宅でたばこを吸っている場合は、たばこ以外にも灰皿も子供の手の届かない様に十分な注意をしましょう。

ニコチンでの致死量は以下になります。

大人 たばこ 2本分
子供 たばこ 2分の1〜1本分

女性・子供への影響


【骨盤矯正ベルト・腰痛ベルト】コシラック
http://store.shopping.yahoo.co.jp/koshiluck/koshiluck-belt.html