たばこマナーガイド TOP → 喫煙可能な場所 移動

移動

新幹線などでは喫煙席と禁煙席に車両が分かれています。しかし、新幹線などの長距離列車の喫煙、禁煙車両の割合に不満の声が上がっていることも事実です。JR各社によると新幹線の禁煙車両の割合は3分の2ほどとなっています。禁煙車両の方が多いですが、予約が取れなかった場合に喫煙しない方が喫煙席に座らざるを得なくなった場合など、煙が充満して座っていられなかったという声も少なくありません。

新幹線の喫煙車両は換気があまりされていないため、煙が充満していることがあります。これは喫煙する方にとっても嫌なことだと思います。こういった意見が多いことから、これから喫煙席がさらに少なくなる可能性もあります。電車においては、ロマンスカーやグリーン車の様な一部のみ喫煙可能な車両以外においては、当たり前ですが禁煙となります。

稀に田舎の路線では、ドアとドアの間の連結部分で喫煙している時がありますが、大人として一言注意する様にしましょう。各駅事に状況が異なりますが、駅のホームでの喫煙する際には仮に喫煙が可能であっても、指定された喫煙場所以外では吸ってはいけません。

車に関しては、自分の車の場合であれば同席している人に一言断りを入れてから吸う様にしましょう。また、車などで移動している際の喫煙についても注意が必要です。自分の車でたばこを吸うのはもちろん自由ですが、たまに車からたばこの吸殻などを捨てる人がいます。これはマナー以前の問題です。そのたばこが外を歩いている人などに当たることもありますし、後ろで走っている車に当たることもあります。車からたばこの吸殻を捨てる行為は絶対に止めるようにして下さい。

喫煙可能な場所


エボルトラ
エボルトラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!