たばこマナーガイド TOP → 関東の主な禁煙条例地域 東京都板橋区

東京都板橋区

板橋区の条例は2004年2月に可決成立・2004年7月1日に改正施行されました。条例名は「エコポリス板橋クリーン条例」になります。 エコポリス板橋クリーン条例は路上での喫煙行為により、他の歩行者に対する迷惑・危険の恐れがある区域を「路上禁煙地区」と指定しています。

指定されている地区内では喫煙が完全に禁止となり、吸殻などのポイ捨て行為も禁止になります。路上禁煙地区には平日の7:00〜19:00、土日祝日の12:00〜18:00に巡回パトロールが行われています。また、「路上禁煙地区」は、路面標示及び街灯にステッカが貼られているので、すぐに分かるようになっています。ですからこの地区内ではたばこを吸わないようにしましょう。板橋区では、喫茶店などのお店でもエコポリス板橋クリーン条例を行っているところがあります。

路上地区内にあるお店などではお店の窓などに禁煙のシールを貼っています。これによって非喫煙者の方などは、喫茶店でもたばこの煙の臭いに悩まされることなく、コーヒーなどを楽しむことが出来るようになっています。ただ、喫煙者には辛いものと言えるでしょう。

違反した場合は1万円以下の過料が科せられることになっています。しかし、この罰則は現在適用が保留されています。喫煙が減らなかった際にはこの罰則が適用されることになるでしょう。板橋区では住民の地域の要望や状況などを考慮して路上禁煙地区が徐々に増えてきています。これからもさらに禁煙の場所が増えていくと思われます。

関東の主な禁煙条例地域