たばこマナーガイド TOP → 女性・子供への影響 急性ニコチン中毒

急性ニコチン中毒

ニコチン中毒というのは、たばこに含まれているニコチンが原因になって起こる症状のことです。ニコチン中毒は1日に数十本ものたばこを毎日吸っているヘビースモーカーの方などによく起こります。ニコチンが体内に段階的に蓄積することによって起こるのです。そうなると、ニコチンなしでは生活出来なくなるなどの全身症状が出ることもあります。

急性ニコチン中毒の症状としては、吐き気や嘔吐、脈が速くなって顔面蒼白となったり、ひどくなればよだれを流したり、意識障害を起こす事もあります。この急性ニコチン中毒は、たばこの誤飲によって起こることもあります。ニコチンは、中枢神経や抹消神経など全身に作用をしますが、特に脳の広い範囲に影響を与える有害な物質なので、乳幼児のいる家庭ではたばこの吸殻の扱いには細心の注意を払う必要があります。まずは予防をすることが大切です。

小さいお子さんが誤飲をしてしまった時には、すぐに医療機関に連れて行く必要があります。小さい子供にとっては、急性ニコチン中毒は死ぬ事もあります。間違っても小さな子供にたばこを吸わせたりする様な事は止めましょう。

たばこは愛煙家には貴重な嗜好品ですが、ニコチン依存や中毒などにならないように適量を守って楽しむようにして下さい。また、急性ニコチン中毒の症状が出た場合は、大人であっても入院してニコチンに対する拮抗剤の投与などの専門的治療が必要となります。すぐに病院に行くようにしましょう。

女性・子供への影響


ドレスレンタル
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/

ナースサンダル かわいい
かわいいナースサンダルなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

札幌市 ピアノ調律
http://www.piano-inoue.com/