たばこマナーガイド TOP → 関東の主な禁煙条例地域 千葉県松戸市

千葉県松戸市

松戸市では2004年4月1日施行・2005年6月1日から罰則適用が開始されています。条例名は「安全で快適なまちづくり条例」になります。条例名の通り快適で安全な街を作ることが目的とされていて、迷惑な行為である路上での喫煙やポイ捨てを禁止する条約です。条例はこのように定められています。

@たばこの吸い殻、ペットボトル等のポイ捨てをしない。
A喫煙の禁止等

たばこのポイ捨てや禁煙だけでなく、ペットボトルなどのゴミもポイ捨てが禁止されることになりました。市内の公共の場では喫煙はもちろんのことポイ捨てなども一切禁止となります。しかし、きちんとした喫煙場所であれば、喫煙をすることも可能です。

中でも禁煙が重点されている地区は松戸駅・新松戸駅周辺になります。2008年の4月からは八柱駅周辺も重点推進地区に指定されました。重点推進地区内である松戸駅・新松戸駅周辺・重点推進地区では指定された場所以外での喫煙が全て禁止となっています。

喫煙する際は人通りの少ないところで立ち止まって吸うようにしましょう。携帯灰皿を持ち歩くとなお良いです。また、重点推進地区内で指定場所以外で喫煙をした場合やたばこ、ゴミのポイ捨てをした場合は過料を徴収されることになります。罰則の金額は2000円となります。発見された場合のみ罰則が科せられることになりますが、罰則を開始したことによって、喫煙率も1.56%から0.40%に下がっています。罰則適用の効果はあったと言えるでしょう。

関東の主な禁煙条例地域