たばこマナーガイド TOP → ビジネスシーンでのマナー 面談中

面談中

面談中や会議中は、勧められるまでたばこを吸わないようにして下さい。勧められた場合でも相手がたばこを吸わない方であれば、喫煙するのは控えるようにしましょう。相手が喫煙する方であった場合は、断って吸っても良いですが、同行している上司などがたばこを吸わない場合は喫煙は止めるようにして下さい。

取引先を訪問した場合は、たばこは吸わないのが原則です。取引先のテーブルに灰皿がない場合は、その会社は「禁煙」という意思表示だと考えることが出来ます。また、禁煙でなくとも灰皿がない場合は、相手の手間を考えて自身からの喫煙は慎むべきなのです。たばこを吸いたい場合でも自分で灰皿を請求したりせず、たばこは我慢するようにしましょう。

自社内であった場合でも基本的にはビジネスの話の中では禁煙が原則なのには変わりがありません。自社内であればこちらから相手にたばこを勧めた上で、自身が「失礼します」と一言断りを入れた上で喫煙しましょう。いくら自社内であったり、先方と気が知れた中であっても、吸う前に一言断りを入れるのがマナーとなります。相手に一言断り、許可を得てから吸うようにすることで相手とも気持ちよく会話を続けることが出来ます。

たばこ一本のために今までお互いが築き上げた信頼関係を損ってしまうということも考えられます。配慮は必要です。きちんと断りを入れる事によって、益々の信頼を勝ち取れるかもしれません。

ビジネスシーンでのマナー


アンカロン
アンカロンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ナースサンダル
ナースサンダルならユニフォームのオンラインショップ e-UNIFORMで!