たばこマナーガイド TOP → 関東の主な禁煙条例地域 千葉県流山市

千葉県流山市

流山市は2006年3月に条例改正案可決して2006年4月1日に施行。2006年10月1日には過料適用が開始されました。条例名は『流山市路上喫煙及びポイ捨て防止条例』になります。流山市では、以前からごみやたばこの吸殻のポイ捨て防止については、流山市ポイ捨て防止条例と市民の皆協力によって推進していました。

しかし、ポイ捨てはなかなか改善されず、中でもたばこの吸殻のポイ捨てが多かったようです。路上での喫煙も多く、市民の方の安全の問題もあります。このようなことから、市民から禁煙条例の要望を受けて流山市でも条例が改正されることとなりました。

流山市の禁止条例は路上たばこやたばこのポイ捨てのみではなく、ごみのポイ捨ても対象となります。ごみのポイ捨て防止を中心にした同市の現行条例は2002年に制定され、重点区域を定めて過料を取る同様の条例は、同じ千葉市の別の場所でも 施行されています。

流山市でたばこを吸ってはいけない重点区域に指定されている場所は、つくばエクスプレス(TX)・JR武蔵野線の南流山駅と東武野田線江戸川台駅の周辺の2ヶ所になります。これらの場所では全面的に喫煙が禁止されます。ですから、この場所でたばこのポイ捨てやゴミのポイ捨てをした場合は勧告を行われます。それに従わない場合は過料を取ります。過料は2万円以下とされていますが、当面は2000円になります。なお、携帯灰皿を使用しての喫煙は認められています。

関東の主な禁煙条例地域


白衣 通販
白衣の通販なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

イムシスト
イムシストなら医療関係者向けの製品情報サイトで!