たばこマナーガイド TOP → 食事でのマナー 食前でのマナー

食前でのマナー

社会人になれば、たばこのマナーはきちんと守る意識を持つ必要があります。中でも食事中のたばこは注意しなければいけません。国際習慣として、食前でのたばこはマナー違反になります。喫煙席なら良いと書かれている場合もありますが、喫煙席であってもご飯を食べに行ったお店が喫煙しても良いお店だった場合、食事を注文して料理が出来上がるまでの間、たばこでも吸おうかなと思う方も多いと思います。

しかし、そこが喫煙であった場合でも本来は食前にたばこを吸うことはマナー違反です。本来たばこは別室で吸うのがマナーなのです。別室に喫煙の場所がある場合は、そちらで吸っても構いませんが、食前の30分以内にたばこを吸うと、味覚も鈍くなりますし、極力は食卓でのたばこは遠慮する方が望ましいです。たばこを吸うと舌の感覚を鈍感にしてしまい、せっかくのおいしい料理も味が分かりづらくなってしまいます。

その他には食前にたばこを吸うことによって、たばこを吸わない他のお客さんの味覚にも影響を与えてしまいます。たばこの煙というのは他の方の食欲も妨げてしまうのです。最近は、禁煙のお店が増えましたが、お店に灰皿が置かれていると食前であってもたばこを吸って良いと思ってしまいがちです。しかし、灰皿があるからたばこを吸って良いという意味ではありません。食前のたばこは控えるようにしましょう。

食事でのマナー